.
_

音楽ステージ出演者募集:結果発表!(出演者発表)

審査委員長の作曲家 古城康行さんをはじめとした音楽業界のプロによる厳しい最終審査をくぐり抜けた精鋭たちが相鉄ロックオンミュージック2019の舞台(ステージ)に降臨! 選ばれし者たちによる音楽ステージにご期待ください!!
※タイムテーブルは次週発表します。


MAIN STAGE

11/16 sat

11/17 sun


WELL DONE SABOTAGE

  

初めまして。五味と飯塚を中心に高校の同級生で結成した静岡県出身のWELL DONE SABOTAGEウェルダンサボタージュというバンドです。宜しくお願い致します!
雑草みたいなバンドと自分達の年齢など含め若い方やセンスのある方をみては自分達の続ける意味やこれから先の難しさを思うのですが音楽がバンドがとにかく何よりも好きで今もメンバー3人でワンルームに同居しながら続けております。どうか二曲聴いていただけたら嬉しいです。何卒宜しくお願い致します!


hyca

      

hyca(ハイカ)は、インストゥルメンタル曲を中心に作曲・演奏を行う、メンバー全員大学生のオリジナルバンドです。ピアノ、ギター、ベース、ドラムの全てがメロディの構成要素として全体を成し、楽器のみだからこそ伝えることのできる純粋な音の融合の美しさを追求しています。


八月の微睡み

  

バンドでの活動がしたくて、メンバー探しのために2017年にシンガーソングライターとして弾き語りでの音楽活動を始める。
2019年3月にバンドでの活動をスタート。
8月に1st EP “Navigation”をリリース。
10月からは全国7県をまわるツアーが始まり、12月に東京でファイナルを行う。
音楽はブラックミュージックや日本の80年代のポップスに影響を受けている。


T&N

トンカツ?カレー?ダジャレを仕込んだ歌に混ざり合うスパイスの効いたギター!唯一無二のイエローアーティストT&N,


RYOEM

    

幼い頃から実家がピアノ教室でピアノをしていて、他にも詩吟、吹奏楽、歌、トラックメイク、独学でヒューマンビートボックスをしてきました。ビートボックスは幕張メッセで行われた日本最大規模のコンテスト、モテワンコンテストONEZでグランプリを撮りました。シンガーとしては、某大手テーマパークのオーディションで合格し、某大手テーマパークでシンガーとして2年間ショーに出演。
2019年4月スターダストレコーズと契約 シンガーソングライター、トラックメイカーとして活動。


MIOSIC

      

ヴォーカルのMioと、ギター&ヴォーカルのShoのユニット。
Mioの圧倒的な歌声と、Shoの作るメロウな楽曲が印象的。
横浜でも開港祭、Motion Blue YOKOHAMA、YOKOHAMA MARINE TOWERなどにも出演している。
近年は国内にとどまらず、上海や台湾など海外にも進出中の今最も熱いアーティストです。


Velvet Sighs

    

2019年3月に結成されたEmma(Vo)、REM(G)、Tsubasa(B)、Shun-Shun(Dr)の4人によるロックバンド「Velvet Sighs(ベルベットサイズ)」。
初音源となる4曲入りの1st Single「Pretending」をCDと配信で8月7日(水)リリースし、ロッキング・オンが主催するオーディション「RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 19/20」の入賞アーティストとして選ばれるなど注目を集めてる若手ロックバンドである。

TERRACE STAGE


宇宙バンド

   

東京らへんで活動するバンド。2019年活動開始。
<メンバー>
宇宙
ミルミル
トレイン・ポップ・フェスティバル
電車が好き。


bloodlessthewar

  

2018年2月結成、4月より本格的な活動をスタートと同時にZepp Nagoya公演他全36本の全国ツアーを2019年3月まで36本を完走。1964が2018年ラジオNIKKEI おとなのバンドで大賞にて優秀賞を受賞。独自の音楽性が認められ日露の親善大使としてロシアに招待され2019年5月ロシアツアーを成功させました。


ペントノート

        

東京を拠点に活動するインディーポップユニット、ペントノート。
「シュガーボイスなスウィートロック、置き忘れた玩具箱の中の音楽を」~誰もが胸の奥に秘めたノスタルジー、真っ白な心にもう一度絵を描いていく
2018年北海道出身のp.e.n(Gt/Vo)と、東京出身の柿沼憲太郎(Key)で結成。サポートメンバー(Ba,Dr)を加えてライブ活動中。


川原光貴

        

関東圏内のライブハウスやイベント出演を中心に活動中。1stフルアルバム『未完成の詩』を含む計4枚のオリジナルCDをリリースしており、2018年11月、自身初のワンマンライブ(恵比寿天窓switch)では111人を動員。その後、関西ツアーや毎月ミニワンマンライブなどを行い、活動の場を広げている。他にも、結婚式やパーティーへの“出前ライブ”や、独自のラジオ番組を配信するなど、持ち前の甘い声と関西弁トークで着実にファンを増やしている。現在、2019年11月30日に行われる過去最大規模 150人ワンマンライブに挑戦中。ファンクラブはHEARTON(ハートン)。
2018年島村楽器レコメンドアーティスト
2019年天窓アワード「男性ボーカル部門賞」受賞。
    かぜまちフェス「審査員特別賞」受賞。


ジャムスタンマジック

    

異国感漂う疾走系アコースティックバンド『ジャムスタンマジック』
横浜スタジアムで開催された「ハマスタ駅伝」のテーマ曲を担当し、毎年横浜のライブハウスでワンマンライブを開催し成功を収めている。
ボーカル&鍵盤ハーモニカのericoは世界60カ国以上を旅し、その圧倒的な感性を発揮。また、リーダーの横溝あつしは様々なメジャーアーティスト(稲垣潤一&水谷千重子,DEPAPEPE,奥華子,etc…)の音楽に演奏参加し信頼を集める日本屈指のカホン奏者。さらにサウンドエンジニアとして音楽CD作成はもちろん、劇場用の舞台音楽マスタリング等も評価されている。


デュフフ★こんぱにおん

    

2017年1月より始動。略称は『デュフこん』
「教室の片隅に追いやられたヲタク達の逆襲」をテーマに掲げている。
ヲタク3人が聴いた人、観た人を元気にする事でこの世知辛い世の中に逆襲を果たすヲタク系ロックバンドです。
骨太ロックサウンドとVoシオが書くヲタク人生から生まれた歌詞とキャッチーなメロディで人々を元気にします。
夢はアニメ『宇宙よりも遠い場所』の聖地巡礼も合わせて南極でライブをする事。


21世紀音楽隊

      

『花には水を!人には愛を!アナタのハートにロックンロール!』を、合言葉に結成!
年齢的には新人と言うほどフレッシュさは無く、重鎮と 言うほどベテランでも無い、宙ぶらりんな年齢層のライブハウス界隈の中間管理職的ポジションバンド。近年はバンドの演奏だけに留まらず、ステージにサポートダンサーを交えたLIVEを行いつつ、『のせます!上げます!押しません!』をモットーに、ステージは盛り上げつつも、時間は押さない優等生バンドとして、そこそこライドオンでそこそこホットなロックバンド21世紀音楽隊。
今宵もアナタのハートにロックンロール!


さばいばるいとうUNIT

    

40年前に、ヤマハライトミュージックコンテストにて、グランプリ獲得。
その後、メジャーデビューにはいたらず、サラリーマン、自営業(乗馬クラブ経営)を、経て、現在にいたる、北海道から、沖縄まで、全国をうたって回るソロ弾き語り、バンド活動(3名~から、時に9名で活動)
なお、現在は、毎週金曜日にYoutube,SHOWROOM、facebookにて『apple pop tv』を生配信中!


Oriba Chiaki jam the garden

        

R&Bを下敷きにした、ブルージーで時に噛み付くようなjazzy pop。
2017年10月に「Bonus!」を全国リリースし、2018年12月にはNHK、Eテレの音楽教育番組「ムジカ?ピッコリーノ」で主役を務めた斎藤アリーナとの共作楽曲「リモデル」、「Reach…」を自主制作しiTunes他全国でリリース。
東京や横浜を中心に全国で活動中。
4人それぞれのカルチャーをないまぜに育てているjam the gardenをお楽しみください。


ヌードパンツ

    

マイペースに、楽しく、心地良く、ということを大事に活動を続けてきて、いつの間にか9年目になりました。
9年の活動の中で、決め事なく、心の赴くままに曲を作ってきたら、様々な楽曲が生まれていました。
普段は下北沢の小さなライブスペースでライブをしています。
一人でも多くの人にヌードパンツの曲が届くように願っています。


Asuka-trio

        

音大出身3人により結成されたインストトリオバンド。
田所亜沙可(sax) × 山元しゅんこう(piano) × ヒロシ(percussion)により構成され、ジャンルに縛られることなくclassic × jazz × latinを融合させた独特なサウンドを奏でる。
様々なイベントやライブに出演し、自身のワンマンライブでは毎回満席となる。
2018年9月に1stシングル「Proust」をリリース。
2019年5月に西日本ツアーを行う。
2019年12月1日Yokohama O-SITEにてワンマンライブが決まっている。


おかっぱミユキとメガネズ

        

天真爛漫ボーカル「おかっぱミユキ」と冷静沈着ベーシスト「シェイド」の二人組音楽漫談エンタメユニット。
面白いトークやバルーンアートと音楽ライブの組み合わせが日本各地で人気。
世界中安全な場所ならどこでもライブしに行くフットワークの軽さから、国内外からライブの依頼が来るように。
週に2回行なっている生配信番組「今夜も無礼講」は無茶振りや曲のリクエストに応えるスタイルがネットで話題となっている。


Signal mode

  

S.R.O.D.として活動していたVo.マサキィ、Ba.拓、Dr.朋にGt.Shinが加入し、4人で2019年1月から本格的に活動を開始。
制作期間は挟みつつも毎月ライブを敢行し、2019年10月には地方(三重・名古屋)での初ライブを披露!
12月には主催イベントも開催が決定。
2020年には大きな動きを見せるSignal modeにご注目下さい。